アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
他人と過去は、変えられない・・・
 こんには、山崎です。

「他人と過去は、変えられないが、
 自分と未来は、変えられる」

これは、エリック・バーン(1910-1970)という
カナダの精神科医の有名な言葉。

とても素敵で、深い言葉ですね〜

このエリック・バーン博士の素敵な言葉に、
なんら異論はないのですが・・・

他人は変えられないけど、
人間関係のあり方なら、変えることができる。

また、過去は変えられないけど、
過去に起こった出来事の解釈は、変えることができる。

僕は、最近、強くそう思います。

そして、結局、自分や未来って・・・

他人との人間関係のあり方をや、
過去のどのように解釈しているによってくるのだと思う。





他人は変えられないけど、
人間関係は変えることができる

僕たちは、誰一人、他人を変えることができません。

他人を思い通りにすることはできません。
続きを読む >>
| 心理学 |
カウンセリングと脳について
こんにちは、山崎です。

今日は、カウンセリングと脳についての私見を投稿します。

これは、昨日、Facebookに投稿したものを
少し書き直したモノです。

カウンセリングと脳について
解説されている場合が少ないので、ご参考になると嬉しいです。

というのは、私が、ここを理解できてから・・・

カウンセリングが型にはまったものでなく、
もっと自由にできるようになったからです。
 
 


まずは、ラポールの形成と脳

クライエントが、カウンセリングを受けると・・・

クライエントの意識が内側に向き・・・

そして、基本的にカウンセラーが、
クライエントの話を受け止めてくれるます。

それで、クライエントの感情(情動脳)の暴走が止まります。

もっと詳しく書くと、大脳辺縁系(特に扁桃体)の暴走が止まります。

これがラポール形成の状態!

ここが、カウンセリングする大前提ですね。


ラポールが形成されているというとは、
クライエントの大脳辺縁系が非常に穏やかになっているはずです。

できるカウンセラーは、ここが上手いですね!




ラポールの形成ができると、次に・・・
続きを読む >>
| 心理学 |
自分は人間として充分な存在
こんにちは、山崎です。

自分は人間として充分な存在

この言葉は、アメリカの臨床心理学者のカール・ロジャーズの言葉。

カウンセリングの手法といえば、ロジャースが開発した手法が主流になっており、アメリカ心理学会による調査「20世紀にもっとも影響の大きかった心理療法家」では第一位に選ばれたそうです。

他人の話をよく聞く(あるがままに聞く)… 

傾聴」なども、ロジャーズが、提唱してきたことです。

カウンセリングの世界では、神様のような方ですね。



ロジャーズは、なぜ、神様なのか?
続きを読む >>
| 心理学 |
こころにくいポイントカード
こんばんは、山崎です。

今日、家の近くのレストランでランチを食べました。

お店より「ポイントカードもはじめました」と渡された時、
“申し訳ないけど、いらないんだよなぁ〜”と思いながら、
受け取りました。

あなたも、こんな経験ありませんか?

どの店に行ってももポイントカード…
ポイントカードばっかりで、ありがた迷惑。
続きを読む >>
| 心理学 |
欲求段階を上げる
こんばんは、山崎です。

昨日のブログでは、マズローの「欲求段階説」を、私なりの視点で紹介しました。

今回は、ビジネスを、中心に書いてみたいと思います。

今まで、多くの方と会ってきましたが、20代の90%以上の人は、の所属と愛の欲求・段階のように感じます。

その理由は、20代の人と話をしていると「私を認めて」というメンタリティが根っこにあることを感じるからです。

30代に入ると、仕事で成果や結果を残してきた人は、「私を認めて」とうメンタリティから、「私の仕事を認めて」「私のなしたことを認めて」と、変化します。

い両鞠欲求へと成長したのです。


そして、承認欲求へと成長した人とあった時、「ああ、この人は、今までいい仕事を積み上げてきたんだなぁ〜」と、感じます。
続きを読む >>
| 心理学 |
マズローの「欲求段階説」を説明すると… 
こんにちは、山崎です。

アメリカの心理学者アブラハム・マズローの「欲求段階説」を、時折、セミナーなどで紹介することがあります。

「マズローの欲求段階説」はかなり有名だから、ほとんどの方が書籍で読んだり、誰かに聞いたりしたことが多いと思います。

しかし、大部分の書籍やインターネットセミナーで読んだり聞いたりする「マズローの欲求の段階説」は、なぜだかマズローの原著を読むと、かなりズレているものが多いのです!

まずは、マズローの欲求段階説とは…
続きを読む >>
| 心理学 |