アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< 新製品の開発状況です! | main | カリスマ美肌師の本より >>
化学的に見てみると・・・
仕事がら、化学的にモノゴトを見ていかないといけません。

すると… 一般的に言われていることでも、
あれ?って思う事がけっこうあるんですネ〜。

例えば、オゾン層を破壊したというフロンでも…
空気よりメチャクチャ重いんですヨ!

ちょっと不思議?と思ったので書いちゃいますと…
分子の単位の「mol」の話しになるのですが、
ややこしくなるので、ここでは分子量だけにしますネ。

空気は、酸素と窒素の1:4の割合の混合物だと考えていいので…

それで、空気の平均分子量を計算すると、28.8となります。

分子量が28.8より大きい気体は、同体積における質量が空気より大きいことになり、空気の下に溜まることになります。

プロパンはC3H8なので、分子量が44。
つまり、プロパンは空気より重く、漏れた時は床近くに溜まるので、戸をあけてホウキなどで吐き出すといいということになっています。

さて、フロンですが…

遊びで、代表的なフロンの分子量を計算してみました。

 フロン11  CCl3F    分子量→136
 フロン12  CCl2F2      分子量→120
 フロン113 CClF2-CClF  分子量→186
 フロン114 CClF2-CClF2 分子量→170
 フロン115 CClF2-CF3   分子量→154

フロンの分子量は120〜186の間になります。

う〜ん、空気の分子量が28.8だし、
分子量44のプロパンで下に溜まるのだから…

本当にこんな重いフロンが、オゾン層の上まで上るのかなぁ〜?
と、単純に疑問に思っちゃいます。

多少、空気が攪拌され、フロンガスが舞い上がっても、
空気より4倍以上重いガスだから、すぐ落ちてきそうだけど…


そうそう、分子量で思い出したけど…
ある方によると… 
洗濯時に洗剤の中に入っている蛍光剤が、衣類に吸着し、
その後、着用時に皮膚から蛍光剤が吸収されるので、
危険と書いていました。

う〜ん、皮膚から吸収されるには、
蛍光剤は分子量、かなり大きいけど…

それに、衣類についた蛍光剤は、取れにくいヨ〜
着用ぐらいでは、まずほとんど落ちない。
だって、私、シミ抜きの専門家でもあるからネ(笑)

ま、うちの石鹸は、蛍光剤をいれていないけど…
ちょっと、過剰に変わったことを言っているなぁ〜と思いました。


あ、フロンの話しから、蛍光剤の話しになっちゃった(笑)

私的には、化学的にモノゴトを見ていくのは面白いなぁ〜と思っていますが、どうでしょうか?
| 環境について |
こんにちは。流石、山崎さんですね!だから松井さんとも
堂々と話が出きるんですよね。
空気の平均分子量、「28.8」は覚えておいて損はない
ですよね。
「CO」、あの怖い一酸化炭素は「28」、空気の
平均分子量に近いから空気中に漂い拡散しやすいので、
あのように中毒死するケースが多いのでしょうね。
オゾン破壊はオゾンホールという形で現れます。
そのオゾンホールは極地に現れる、と言う所が山崎さん
の疑問を解く鍵になるのかな?
では (^.^)/~~~
村山@京都
| 村山@京都 | 2006/01/25 8:57 PM |
糸川先生はオゾンホールの原因は、フロンでは絶対無いと断言しておられました。
| たにクリおやじ | 2006/01/26 1:35 PM |
村山さん、コメント、ありがとうございます。
今回は、一般常識になっていることでも、実はおかしい点があると言うことを書きたかったのです。蛍光剤はよけいですが…

仕事がら、物質の安全性を見ないといけないので、私にとっては、当たり前のことです。ただ、普通の方はあんまり必要ないですよネ〜

そうそう、自分の仕事を納得のいくまでシッカリしていると、誰とだって堂々と喋れるはずなのではないでしょうか? 
| 山崎 | 2006/01/26 4:58 PM |
谷さん、ありがとうございます!
そうですか! 糸川先生は見抜かれていたのですネ! 納得できます。

フロンが犯人でなければ… 考えられる犯人が浮かび上ってきますが、別に告発の意味で書いたのではないので…

でも、私程度の化学の知識でも、いろんなモノゴトを検証すると… おかしいことが多すぎます。残念なのは、誰も調べもせず、声の大きいモノ勝ちになっていること…

なんでもそうでしょうが、環境や健康関係は特に… 
今はできませんが、将来、化学や数学を教える学校を作るのが夢です。だいぶ先だけど…(笑)とんでもないことを夢見るアホだと、笑ってやってください。
| 山崎 | 2006/01/26 5:06 PM |
山崎さん、谷さん、ありがとうございますm(__)m
ココに書き込んでご指摘受けなければ、そのまま
間違った知識を持ったままになる所でした。感謝m(__)m
改めて「オゾンホール」でググッテみますと色々な原因
解説出てきますね。コレに限らず、物事全てにしっかり
した勉強と検証、そしてそれを自分の考えと付き合わせて
物事を観る事が必要ですね。ありがとうございました。

>とんでもないことを夢見るアホだと、笑ってやって
>ください。

いえ、山崎さんですと「夢」だけで終わらせないと思い
ますが(^O^)





| 村山@京都 | 2006/01/26 8:24 PM |
なるほど、
当たり前のことは
当たり前だから追求せず見過ごして、
つい、難しいことや
変わったことをやろうとする人が
多いのかも知れませんね。

なんだか山崎さんに教えてもらった
あの本やこの本に手を出すより
一冊をトコトンやる勉強法!!
に通ずるものを感じました。

ってことは、
化学的にモノゴトを見ていけると、
成熟しきったように見える分野でも
新しい成長・発見ができちゃうかも知れないですね♪
それは楽しそうです☆

今日も勉強になりました、ありがとうございます。
| 船越 | 2006/01/26 8:25 PM |
村山さん、ご丁寧に… ありがとうございます。
一般的に言われていることですから、間違った知識というより、そちらの方が常識的です。

私は、その常識の隙間というか、盲点を探すのが好きみたいです。「実は、一般的にはこう言われているけど、本当は…」な〜んて(笑)


| 山崎 | 2006/01/27 11:32 AM |
船越さん、こんにちは♪
ええ、そうですネ(笑)

皆さん、難しいことや、特別なことを知りたがりますネ!
そして、これが、失敗の原因だったり、上手く行かない原因だったりする…

ははは… この前の講演の内容になりましたネ(笑)




| 山崎 | 2006/01/27 11:38 AM |









http://blog.aspiral.jp/trackback/358047