アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< ちょっと悩んでます…(笑) | main | マイクロスコープで肌を見ると… >>
気合いの勉強法???
つい先日、私が、最後に家庭教師で教えた生徒と会いました。
生徒と言っても、今やスーツの似合うバリバリのビジネスマン。

以前の会社の部下の子供で…

何かの拍子にその部下の人に「オレ、家庭教師とかしたら、いつも生徒が驚くほど、成績があがるねん」と昔話を言ったら…

普通は「うちの子の家庭教師をお願いします」な〜んて、そんなあつかましいことは言わないけど… 

本当に「お願いします」って、頼まれちゃって驚きました!

しかも、「あっ、晩御飯は、食べさしてあげるから…」と、どうも晩御飯だけで、仕事に疲れているのに、無償で家庭教師をしろ!との素敵な要求。
シブシブ、その子供に会ってみると…

本当にすばらしい優秀なお坊ちゃまで…

高校での成績は、ベッタだという…  「そんなん聞いてないよ!」


まだ引き受けるとも言っていないのに、その人は、息子に向かって…

「良かったね! あんたも、これで成績上がるネ! この人の言うとおりしたら何でも結果でるねん。あんたも、言うとおりにするやで!」
と、勝手に盛り上がっています。

という事で、大変忙しい中、晩御飯だけで、高校でベッタのとっても優秀なご子息のお勉強をみるハメになりました。


正直、私も社会人になって10年以上も経つと… 受験勉強の中味のことなど、すっかり忘れています。

なので、その優秀な坊ちゃんに教えれるのは、勉強のやり方を教えてあげることだけです。

しかし、ただ、勉強のやり方を教えても… やり方だけを教えて成績があがるような子供なら、すでにいい成績をとっているはずですから…

根本的に、勉強をやるリズムというか、ペースメーカーになってあげないといけません。

ま、一番手間隙のかかるタイプです。


たまに、会社さんから、売上の相談をされる時があります。

売上の思わしくない会社は、この優秀なお坊ちゃまとそっくりで、やり方を説明しても、ぜんぜん効果ありません。

一緒に、売上を上げるリズムというか、ペースメーカーになってあげないといけません。

本当に手間と時間がかかるので、アスパイラルの仕事だけでは生活ができない時は引き受けていましたが、今は、おかげさまで、引き受けなくてもよくなりました。

会社の場合、受験生よりタチが悪いので、数倍、時間がかかります。


優秀なお坊ちゃまに話を戻すと…

勉強のやり方を教え、勉強をする流れを作ってあげると…

優秀な成績で高校内に名を轟かせていたお坊ちゃまが…
数ヶ月で、その高校で伝説になるぐらい成績が上がりました♪
で、現役で希望校に合格!

その後、勉強のやり方と、勉強をするリズム(流れ)を習得した彼は…
有名会社に入社し…

会社の中でトップとまではいかないまでも、
同期の中では、いつもトップの成績を叩きだしていると言う…

彼は勉強だけでなく、モノゴトに結果をだすコツを私から学んでくれたようです。

これは、本当にうれしいことです。

「受験にだけ有効でした!」では、寂しいものなぁ〜

私自身も、彼に教えたことと同じノウハウを日々の仕事に活用し、結果を出し続けています。


その彼が、私から習ったことを振り返り…

「あれは、気合いを習ったんです」と、先日言っていました。

私は、何が気合いだと思って聞いたいたのですが…

物事を習得し結果を出す方程式を教えたんだろう!

よくよく考えると…

気合いの勉強かぁ〜、ある意味、それも正しいなぁ〜と思いました。


私の勉強法は、大量の情報を何度も何度も繰り返すやり方です。

もしかすると、右脳教育などと似ているのかもしれません。

実際に右脳教育の七田先生にお会いした時、私の指導方法をお伝えすると…

「山崎さん、そんなことをすると、成績があがって、みんなビックリするでしょう! 私のやり方と、そっくりですよ♪」と、言ってくださいました。

大量の情報を処理しないといけないので、「大変だな」とか「むずかしそう」とか考える余裕を与えないように、横で私が…

「こら、難しいとか、いちいち、考えるな!」
「覚えようとか思うな! もう一度見直せ!」

もう、ハラをくくってやるしかない状況を強制的に作り出されるのですから… 彼も大変だったでしょう。


実際は、あのお坊ちゃまの頭の状態に合わせて、繰り返し量(負荷量)を設定し、繰り返し、繰り返しのペースを作っていくのですが…

そして、お坊ちゃまが、「やれば、結果がでるんだ!」という小さな成功体験を積ませ… 小さな自信を積み上げるように仕組んでいく…

これは、もしかすると、彼が言うように気合い=ハラをくくってやる勉強法なのかもしれない!


仕事も一緒でしょ!

やる事を決め、(=適切な負荷量を決め)
繰り返し実行する (=リズムをつくる、流れをつくる)
チェックする

そして、これをハラをくくってやると… 結果がでる!


私は、受験勉強で一度失敗をした時(要は浪人をした時)、
「オレは、なぜ、負けたんだ?」と考えて考え抜いて、自分でルール化したのが、私流の勉強のやり方と、ペースを作っていくということ。

そして、これは、私の一生の財産となっています。


| スキル・アップ |