アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< 世界三大美女って…? | main | 人を育てるマジックの種明かし!? >>
人材不足?
こんにちは、山崎です。

最近、よく聞かれるのが… 人の育成のこと!

どの企業も、なかなか思うような人材が入ってきてくれないようです。

ほとんど共通して言われるのが…
「年々、質が落ちてきている」
「まったくやる気のないのが入ってくる」

確かになんとなく分かるような気もします。

実際にビジネスという視点でみると、質が落ちてきているのかもしれないですが…

じゃ、入社してくる人間の質が落ちたとして… 

ボヤいているだけでなく、具体的対策を考えないといけないと、私は思います。

私は、かつてはクリーニングの会社にいて、従来のやり方では納得がいかなかったので、どんどん工夫をしていきました。

その結果、今のアスパイラルというメーカーをするようになりました。

また、クリーニング業界でも最大規模の技術研究会DCCをつくり、技術と思いを伝えることにより業界のレベルアップに努めています。

最近は、私ことを「技術の人」とみられることが多くなりました。

もちろん、技術にもこだわりますが、かつては人材育成やマネージメントに多くの時間をとられました。

決めてとなるのは、やっぱり人だからです!



モチベーションの低い人しかいない…

私のいたクリーニング会社は、かつては関西で最大の規模の所でしたが… 中にいるスタッフは、仕事に対する姿勢はかなり低いレベルでした。

お客様から預かる衣類をキレイにしようという気持ちも、スタッフの誰からも感じられない…

クリーニングとういう衣類を扱う仕事なのに衣類に興味のある人間がいない…

お客様からリクエストをもらうと、厄介事をいわれたように気嫌いする人ばっかり…

いやいや、そんなレベルどころか、人間の基本の挨拶すらまともにできる人間なんてほとんどいませんでした。

私が、はじめてクリーニング会社に足を踏み入れた時、目の前にはこいう景色がドーンと展開していました。



実は、このマイナスの状況こそ、私を育ててくれました!

一度には解決なんてできません。

ひとつ、ひとつ、できることから着手して行きました。

シミ抜きなんて全くできなかった会社だったのに… 

「シミがわずかでも残っているとクリーニング料金そのものを返金します」というシミゼロ宣言キャンペーンをし、3年間で10万着分のシミ抜きをし、業界平均では30%取れれば上出来とされるシミ抜きにかかわらず、99%以上の除去に成功!

もう二度と同じ内容の仕事をするクリーニング店は現れないだろうとされる結果です。

99%のシミ抜きに成功したというと、誰もが技術だけを注目しますが…

技術以上に大切なのは、スタッフをまとめ上げていくマネージメント力と、そして、何が何でもやってやるんだ!という熱い思いなのです。

実際にシミ抜きの技術以上に、そもそも通常のクリーニング工場はシミ抜きそのものをしないで、まず、シミ抜きをするということをスタッフに分かってもらうことが一番のハードルでした。

次にシミがなくなることが基準なのに、工場で手間暇をかけたことの方に重点がいくスタッフが多く、この価値観の差を何度も何度もすり合わす必要がありました。

思い通りにならない時の方がほとんどでした。
また、たくさん失敗をしました。

でも、あきめずに「どうやったら最高のクリーニングができるんだ?!」とあの手この手と考え、具体的に実行したことが、今の自分のかけがえのない財産となっています。



新しく会社に入ってきた仲間に…

「年々、質が落ちてきている」や「まったくやる気のないのが入ってくる」という前に…

「あんたね、本気で部下を育てる気ある?」


そりゃ、私だって愚痴る時もあります。

しかし、あきらめなかった…


「出来ない人間に何を言ってもムダ」と言いたくなる気持ちは私も分かりますが、それに逃げちゃ… 部下を育成なんてできない。


部下との価値観の違いを、ひとつひとつ明確にして、根気強くやらないと…



方向性を部下の人にも分かるように示していますか?

自分や自社の価値観を、明確に部下に伝えていますか?

部下が成長する筋道を、部下ができる手順で噛み砕いて説明できていますか?

一つ一つの仕事の裏にある意味合いをキチンと伝えていますか?

部下の人間性を認めていますか?
その上で、仕事における価値観の違いをキチンと説明できていますか?

部下をどのポイントでホメるのか設計図のようなモノはできてますか?

部下より先回りして、問題を怒らないようにケアできていますか?


| 教育・育成 |