アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< どうしてシャンプーを? | main | 今日は、ゴクゴクの日 >>
叱る時のキーワードは、「ち・し・き」
こんにちは、山崎です。

私が、「ほめる」「ねぎらう」「みとめる」の「ほ・ね・み」の事をいうと…

「じゃ、山崎さんは、ずっと人をほめてばかりなのですか?」
と聞かれる時があります。

はい!

と、答えたい所ですが…

当然、仕事上では、叱ったりする時も多いです。

でも、叱るときも私なりにキーワードを持っています。



叱る時は、「ち・し・き」で!

「ち・し・き」って、聞いたことないゾ!って、思われる方がほとんどではないのでしょうか?
「ほ・ね・み」の時の小冊子に載せていなかったので、ほとんどの方が知らないはずです。


叱る時の「ち・し・き」とは…

  → ちがい

  → しめす

  → きづかせる

「違いを示して、気づかせる」ことの、頭文字をとっています。

私は、こういう頭文字をとって、言葉遊びをするのが好きなので…


例えば、部下を叱る時でも、「違いを示して、気づかせる」というコンセプトがなければ、ただ感情的に怒っているだけになってしまいます。

感情的に怒っても… あまり効果がありません。


また、叱る時は「ち・し・き」とすると…

感情に任せて叱るのではなく、

「ちしき」… 何やら知的な感じです。

子供や部下を叱るのも、ヤミクモに叱るのではなく、
よく目的を考えて、頭を使って… という意味も込めています。



どうして、叱られているのか?を分からせないと…

どうして、自分が叱られているのかを理解してもらえないと、叱っている意味がありません。

叱られる時というのは、何か基準からズレている時です。

それは、マナーかもしれませんし、
職場のルールかもしれませんし、
怠慢を叱られているのかもしれません。


だから、叱られている本人に、ズレていること=ちがいを分からせることが、極めて大事です。

ちがいを、具体的にしめせないとダメです。

叱られる本人は、そのちがいが分かってないから、ズレるのですから…

分かっていないという前提で、叱るということを考えた方が、良い結果がでます。

「これぐらい知っていて当たり前やん」と感じているのは、叱る側の論理です。

この違いを示すことが「叱る」ことだと、私は考えています。



「ほねみ」が大切だからといって…

「ほねみ」は、大切なことです。

しかし、「ほねみ」の表面的な意味にとらわれて、
相手を叱るべき時に叱らないのは、
相手にとっても、自分にとっても、いいことではありません。

本気で相手に向き合った時…

必要であれば、ほめるだけではなく、叱る事も大切です。

そんな時は、「ちしき」を思い出してください。


自分の感情のはけ口として叱るのではなく、
相手が、何か基準からズレてしまっているから、
叱るのだと思います。

相手の軌道修正をするのが、叱ることの目的ですから、
そこには、「ちしき」のコンセプトがいるのです。


私はこのような事を考え、
部下を指導したり、選手をコーチしていました。

  ※ ほねみのページ

| 教育・育成 |