アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< 年賀状だけのおつきあいをなんとか… | main | アイロンコンシェルジュ >>
ほめ方にもポイントがある
こんにちは、山崎です。

ほめる、ねぎらう、みとめるの「ほねみ」が大切ですよと伝えると…

“なるほど!”や“そうか!”と、
さっそく実践してくくださる方がいます。

嬉しいかぎりなのですが、しばらくすると…

「ほめるって難しいですね」や、
「ほめると、それで調子にのって…」と言われる時があります。


「もしかして、部下や子供が、
 いい結果(成績)がでた、いいことをした、
 それをそのまんまほめてませんか?」

というようなことを逆に質問すると…

「ほめることが大切だと思ったので、とにかくほめました」
と言われるケースが多いのです。



いい結果だから、ほめるのではなく…
ほめ方にも、ポイントがあります。

「いい営業成績をだしてくれた」

「お片づけしていい子ね」

もちろん、何も言わないよりいいかもしれません。


でも…

「いい営業成績をだしてくれた」とほめたのだけど、
これからも、もっと頑張ってほしいのに、
“俺はいい営業成績を出した”と自己満足して、
頑張らなくなった。

特に、人間的に未熟な人は、この傾向。


「お片づけしていい子ね」とほめたら…
気がつくと、いい子とほめられることが、
目的のような本末転倒な行動をするようになった…
(ワザとごみを散らかして、自分で片づける)



そもそも何をしてほしかったのですか?(目的)

「いい営業成績をだしてくれた」
  ↓↓↓

 さらに、頑張って、一人前の営業マンになってほしい!


「お片づけしていい子ね」
  ↓↓↓

 片づけや手伝いの習慣を身につけてほしい



あなたの本来の目的を満たすほめ方をしましょう!

「いい営業成績だったのは、しっかり資料を作ってくれたからだね!
 これからも、この調子でたのむよ!」

結果の営業成績ではなく、その営業成績にいたる行動を評価しています。


「落ちているゴミを、自分から拾ってくれたのは、嬉しいわ!」

いい子と人格を評価するのではなく、こちらも行動を評価しています。



行動をほめるから、行動に意識が行くのです!

人は、自分の行動をほめられると、
「これでいいんだ」や「できたんだ」と、
自分の行動に自信を持ちます。

そして、もっといい行動をしようとモチベートされてゆきます。


しかし、私たちは、ついつい結果をほめてしまいがちです。

結果より、行動にフォーカスすることが大切です。

 ほめる時は、行動 > 結果


何事も行動しなければ、始まりません。
適切な行動に意識を向けることが大切です。


部下や子供が、適切な行動ができるように導いてあげるのが、
上司や親の役割です。

そのためのメソッドが、行動をほめるです。

別に、相手の精神を鍛えたり、
性格を変える必要はないのです。

適切な行動に、意識を向けさせるだけ!


さてさて…
あなたは、相手に適切な行動を意識を向ける
ほめ方ができていますか?



今日のひとこと“ほねみ”

  ほめる時は、相手の行動を、ほめましょう!
| ほねみ |