アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< 私流の頭痛の対処法・・・ | main | 問題を解決する第3の方法 >>
私流の頭痛の対処法の補足
こんにちは、山崎です。

前回のブログ「私流の頭痛の対処法」を投稿すると・・・

幾人かの方から、やってみる!と声をかけていただきました。

嬉しい限りです。
ありがとうございます!


この方法のコツをつかんでいただくと・・・

頭痛どころか、自分の中にある怒りや不安も消すことができます。

少し前の私は、よくイライラしていましたが、
この方法をしってから、イライラすることが激減。

また、許せない人やことも、どんどんなくなっていきました。


さて基本的には、前回のブログ「私流の頭痛の対処法」で書いた通りなのですが・・・

今回は、ちょっとその私流の頭痛の対処法の補足を投稿しておきます。


というのは、一般的に、頭痛に意識を向けるなんてしないから・・・

頭痛に意識を向けるといっても、
慣れないうちはやりにくいのでは?!と思ったのです。




だだ意識を向けるってむずかしい・・・

ポイントは、何も考えず(思考をせず)、
ただ、痛みに意識を向けること!

表現を変えると、痛みを、ただ感じる(味わう)ことです!


しかし・・・

“意識を向ける” ・ “感じる” ・ “味わう”  ことって・・・

できるようになれば、超簡単なことなのだけど・・・
慣れないうちは、けっこう難しいと思うのです。
しかも、考えない(思考を使わない)ようにと注意事項がありますから、
慣れないと、さらに難しくなります。


なぜ、考えない(思考を使わない)ようにと言っているかというと・・・ 

あれこれと考えてしまう(思考を使ってしまう)と・・・

そちらの方に意識が行き、痛みを感じれなくなってしまうからです。


みなさんの日常生活の中でも、無意識のうちに・・・
何かを考えていたり・・・

知らないうちに雑念だらけになっていたり・・・


頭痛に意識を向けると言っても、その時に・・・

「こんなんで上手くいくのかな?・・・ 
 だいたいこのやり方でいいのかな・・・
 これで、ちゃんと意識を向けてるのかな?・・・ 
 ちゃんと感じられているのかな?・・・」

ついつい、いろんなことを考えがちです。

でも、このようにいろいろと考えてしまう(思考してしまう)と、
痛みは消えません。

でも、とっておきの対処方法があるのです!



では、具体的にどうやって行けばいいのでしょうか?

ここでは、頭痛の意識の向け方を書いておきますね!


目をつむってした方が、意識を集中させやすいので、まず目を閉じてください。


心(頭)の中で、「頭痛を感じる」と言葉を使いながら・・・
やってください。

できれば、「頭の前の部分に痛みがある」と、
部位を細かくするとなおいいですね。

すると・・・

痛みが移動する場合もあります。

もし、横にズレたとしたら・・・

「頭の横の部分に痛みがある」と言葉を使いながら、意識を抜けてください。


あ、言葉は、自由にしてくださいね。

私の表現にとらわれる必要はありません。


ポイントは、考え(思考)をいろいろと展開させないことです。

考え(思考)をいろいろと展開させると・・・ 効果はありません!

できるだけ、痛みを感じることに意識を向けるのです。

これで、5分ほど続けていると、だいたい私は楽になります。




意識を向けている時の呼吸について・・・

楽に呼吸ができていれば、OKです。

痛みに意識を向けている時、呼吸が浅く短くなる時があります。

それに気づいたら、ただ呼吸をゆったりにしてください。

そして、意識は、痛みを感じ続けて・・・


そうそう、最後にいきなり目をパッと開けるのではなく、
ゆったりとした呼吸に意識を向けてから目をあけてください。

そうですね、2〜3呼吸ぐらいで十分です。




意識を向けている時間は・・・

その痛みの状況に応じて様々です。

ひどい場合は、時間は長くなります。

私の場合、ちょっとした頭痛なら3〜5分程度で消えますが、
先日の頭痛は、かなりひどかったので、珍しく15分ほどしました。

別に回数を増やしてもOKです。

慣れないうちは、何回かした方がいいかも・・・




そうそう、注意点・・・

痛みに意識を向けるので・・・

向けた瞬間、痛みはましたように感じます。

なので、ビックリしないでください。

ただ、ぐーっとそれを感じてください。

私は慣れているので、「痛さ」感じると・・・ 
今は「痛気持ちいい」さを感じてます。




今回は、頭痛を対象にしましたが・・・

この方法は、いろんなモノに使えます。

もともと、心の中にあるしつこい怒り、イライラ、不安を消すために
考えた方法ですので・・・

まさしくマイナスの感情には、ばっちり効きます!

ただ、頭痛などの傷みより、感情に意識を向けることが、
慣れない方には、ちょっと難しいようです。

半年ほど前に、ブログに投稿した関連記事です。
 

個人的には、この方法でストレスがどんどんなくなっていくので・・・
「すげぇ〜や!」と子供の様に喜んでます。

この方法ができるようになると、簡単にフロー(ゾーン)の状態になれます。

新しい時代の「心の技術」だと思ってます!


今、この方法を、いかに分かりやすく伝えるかを研究中です。

また、ご興味のある方は、ご協力してくださいませ・・・

 
 
| 健康について |