アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< 2つの縁起(えんぎ) | main | もし、余命が1ヶ月だったら・・・ >>
中国仏教の翻訳の問題と道教の影響・・・
こんにちは、山崎です。
昨日は、仏教のことを書きました。

今は、おそろしく便利な時代で、
ネットで検索すると、何でも出てくる!

かつてなら、なかなか知り得ない情報が
かなり気軽に手に入るようになりました。

仏教の知識もそうで・・・

今から僕が書くことも、
かつてなら、なかなか知り得なかったことでは
ないかなぁ〜と思います。


僕たち日本人が知っている仏教は、
中国をへて日本に紹介されたものだから・・・

まずは中国語への翻訳の時に、
かなりの意訳や、独自な解釈が入ったらしい。

こういうこと、ご存知でしたか?
  
  

翻訳の問題・・・

仏教が中国に入った時点で、
かなり原典と異なってしまっているという事実を・・・

具体的にいえば、
4世紀の鳩摩羅什(くまらじゅう)や 
6世紀の真諦(しんだい)は、
かなりの意訳をしたようです。

特に真諦は、翻訳の中に自分の解釈をたくさん混ぜ込み、
元の仏典と違うものにしちゃったそうだ。



でも、7世紀に活躍した
三蔵法師として有名な玄奘(げんじょう)は、
できるだけ原点に忠実にあろうとしたそうだ。

事実、玄奘は、真諦が訳した経書の改訳をたくさんしている。

もしかすると、それは、
玄奘が「真諦の翻訳は問題がある」と感じたためかもしれません・・・

しかし、後世に影響したのは、鳩摩羅什や真諦であって
玄奘ではなかった。


確かに僕個人も、鳩摩羅什の訳は玄奘の訳より、素敵な感じします。

文学作品ならそれもいいのかもしれませんが・・・

たとえば、鳩摩羅什訳の法華経など、
その原典とはまったく違う部分があるそうだ。

それだけではなく、天台大師がよりによって、
そこを尊んだりしたものだから・・・

だから、法華経ひとつとっても、
中国に入った時点で、原典とかなり違うものになってしまっている。

中国から習った日本の法華経の解釈は、
さらに原典から離れてしまっているだろうことは、
簡単に推察できます。




道教の影響・・・

また、中国仏教は、翻訳の問題だけでなく、
道教(老荘思想)の影響をかなり受けたそうだ。

たとえば、「山川草木悉有仏性」という言葉は・・・
日本でも、よく聞かれます。

読みは、「山川草木(さんせんそうもく)、悉(ことごと)く仏性(ぶっしょう)有り」。

意味は、「山も川も草も木もみんな仏様なんだ。悟っているんだ」。

これは、そもそもインドにはない考えというか、
本来の仏教には、全く合わない考えで・・・

中国仏教から、つけ加えられた考えです。

というのは、この考えは、
もともとは道教の影響だったよう。

でも、中国仏教から習った日本の仏教では、
当たり前に語られてます。


そうそう・・
日本の神道も、道教の影響をかなり受けているから・・・

日本人は、気づかないうちに、
かなり道教の影響を受けているのかもしれない。




認めあえるようになるいいなぁ〜

こういうことは、あまり表立って言われないですが、
ネットをちょっと検索すると、誰でも知ることができます。

今回は、サラッと、かなり気軽に書いているけど、
実は、これは、宗教の根幹に関わる重大なことじゃないかなぁ〜

あっ、といって別に、
日本仏教界に波紋を投げかけたい訳でもないし、
異議を申し述べたい訳ではありません。
 

こういう情報が、ネットを検索すると簡単に手に入る・・・

すごい時代だ!


できれば、どの考え(仏教)が、正しいではなく・・・

宗教のように信じる人にとって、
とても大切にされる考えであっても、
やはり、伝えていくうちに大きく変化していること・・・

また、いろんな考えがあるんだということ・・・

ここでは触れてませんが、いろんな議論があったこと・・・

それらすべてを、人類が、認めあえるようになると、とても素敵だと思う!

 
今回取り上げたことは、宗教に関わることだから、
関係者にとっては、すぐには、認めあえれないだろうけど・・・

今の時代は、これだけ情報にあふれ・・・
かつては秘密にしていた情報や、
いろんな情報が手に入れられる時代になったのだから・・・

もう過去とは違うのです!

また、人類は、少しずつ他を認めることを学んでいるような気がします。

だって、子供が自分の価値観と違う価値観を持っていても、
その価値観を修正しようとする人は減っている気がします。

それぞれの個性を認めだしています。

といって、自分と異なる考え方を認め合うことは・・・
まだまだ時間はかかるでしょうが、
認め合う基盤が、整いつつあるような気がします。

これって、楽観的すぎる???


  
| ココロのはなし |