アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< 『衣類の洗濯・収納・お手入れ便利帖』が、紹介されました! | main | 洗濯王子が、紹介してくれました! >>
美しき人から、カウンセリングの気づきを得る!
こんにちは、山崎です。

 以下、Facebook に投稿した件ですが、
 こちらのブログにも、一部書き直して、投稿しておきます。

昨日、FBにて、知り合いのある美しい女性より洗濯の質問をもらいました。

僕は、洗濯関連の質問をいただくと、
かなりの割り合いで、逆に質問をいくつか返します。

というのは、できるだ洗濯に関してお役にたつ回答をしたいので、
細かい状況というか、その方の現状を確認したいのです。

こんなことを、何百、いや何千とやってきました。

いちいち数を数えていないので、正確な数字は分かりませんが・・・


今回も、その方が美しい女性だからという理由からでなく・・・
できるだけ現状に即した回答をしたいので、メールで質問を返しました。

で、その友人にメールで質問を返した時に、
「洗濯に関するカウンセリングをしたいので・・・」と書いていることに気づきました。

この表現は、今まで何度も何度も使っていた表現なのですが、
昨日は、なぜだか、とても気になったのです。


そうそう! 

そうなんだ!

本当に、これは、まさくしくカウンセリングなんだ!

と、改めて強く実感しました。


今日は、この気づきについて、投稿したいと思います。
僕個人的には、ちょっとビックリなんです!

  


カウンセリングと言えば、カール・ロジャーズ!

というのは、かつて僕が習ったカウンセリングは、
日本の多くのカウンセラーがそうであるように
カール・ロジャーズの流れを汲むものです。
 専門用語で書くと「来談者中心療法」となります。

で、そこでは、共感的に相手の話をきき、相手を受容します。

で、もちろん、昨日の洗濯の相談の時も、
別に相手に対する共感と受容を無視している訳じゃないですが・・・

どちらかというと、洗濯の方法を具体的アドバイスするための
聞き取り調査的な要素が高いですから・・・
僕が習ったカウンセリングとはかなり異なります。

だから、いつもしている洗濯の相談を、カウンセリングっていうのは、
「ちょっと言い過ぎだなぁ〜」と、意識のどこかで、ずっと思っていたのです。

と思いながらでも、カウンセリングという言葉を使ってました。




アドラー心理学を学んで・・・

でも、昨日の気づきは、ただロジャーズっぽくないだけで、
いつもやっていることも、カウンセリングに非常に近いモノだと思いました。

これは、アドラー心理学を習ったから、そのように思ったのだと思います。

カール・ロジャーズのカウンセリングとかなり考え方が違い、
アドラー心理学では、かなり教育的なカウンセリングを行います。

だから、アドラー心理学という視点でみると・・・

洗濯の質問をいただ時に、僕がやっていることは、
とてもアドラー心理学のカウンセリングと共通する要素があるのです。

これが、昨日の僕の発見!

そして、さらにいろいろ考えてみると、僕は、
ビジネス的な会話にも、アドラー心理学のカウンセリング的な要素を
使っていることに気づきました!


ということは、さらにアドラー心理学を学ぶと、
洗濯の質問の回答だけでなく、
ビジネス的なやりとりの技術も、向上しそうです。

おおっ!

何にでも応用できるセ! アドラー心理学!
と、一人でかなりテンションが上がっていますw


このように書くと、もしかすると、
専門的にアドラー心理学を学んでいる方からは、
「そんな、洗濯の質問やビジネスなんかと、アドラー心理学を一緒にしないでよね」
と、お叱りがあるかもしれません。

ま、あくまで私的な応用だし・・・
他人をコントロールしようとしているのはないし、日常での実践を考えているので、
その辺りのことをふまえて、お許しくださいませ。

ちなみに、
アドラー心理学のカウンセリングでやることの一つは、
相対的マイナスから、相対的プラスの方向へ、クライアントさんを方向づけること。

あ、この表現、分からないですよね、相対的って・・・

ざっくりいうと、困った状態が「相対的マイナス」。
それを、改善して困ったことがなくなったのを、「相対的プラス」。

ここでは、そういう文脈で使っています。


だから、洗濯で困ったことがあるのが、「相対的なマイナス」で、
それを解決した「相対的プラス」の状態に持っていく、お手伝いを僕はしてることになります。

さらに書くならば、アドラー心理学の専門用語で、
「ライフタスク」とか、「仮想的目標」とか、5つの基本前提とか、
いろいろあるんだけど、実際、当てはめてみると・・・

おお、かなり、当てはまる!!!!

これを解説していくと、すごく長〜くなるので、
今回は、詳細を書くことは、ごめんなさい。

また、ブログの中で、あれやこれやと書いていきます。


でも、洗濯の相談が、アドラー心理学のカウンセリングに
ぴったり合致していたのは、驚きです!





自分のしていることに、
さらに自信を深めました!

 
ちなみに、僕は、もともとクリーニング会社さんに、
洗濯方法を教えていませんでした。

では、なぜ、クリーニング会社さんに
洗濯方法を教えるようになったというと・・・

かつて、家庭の洗濯講座をした時・・・

その受講をした方から口々に、
「クリーニング店より、洗濯が上手くなった!」
と言われ・・・

ある意味、嬉しかったけど・・・
また、一方で、とてもショックを感じ・・・

僕はクリーニングで学んだから、
クリーニング店のことを、低く言われると、やはり嫌なんです。

で、クリーニング店に洗濯やシミ抜きを教えることにしました!


僕の教え方は、そりゃ、少しずつ改良はしているけど、
今の教え方は、十数年前に確立したモノ。

いろいろやって、一番効果のあるスタイルを実行している。

それが、アドラー心理学のカウンセリングと共通項があるなんて、
自分でもビックリです。

でも、僕が教えた人の技量が妙にあがるもの、
これで合点がいきました!

押さえるべきポイントが、やっぱり良かったんだ!


昨日の美人さんお洗濯の件は、結局、大きな問題でなかったし、
うちの洗剤であるプロ・ウォッシュも使ってくれているので、
非常に簡単に対応できました。



しかし、今回の気づきは、彼女の質問のおかげ。

一番、学びや気づきがあったのは、僕でした。

ありがとうございます!


  



オートモイストジェル


| ビジネス |