アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< ご自宅で、レザージャケットの洗濯 | main | スキンステッチの靴を染める・・・ >>
共同体感覚
 こんにちは、山崎です。

共同体感覚」って、
アドラー心理学で、最も大切にされている考え方です。

今日は、ちょっとそのことについて、投稿します。


アルフレッド・アドラーは、共同体感覚について、
次の3つのことを言っているようです。

 峪笋篭ζ餌里琉谿だ」という感覚。 
 (所属感)

◆峩ζ餌里蓮∋笋里燭瓩北鯲ってくれるんだ」という感覚。 
 (安心感) (信頼感)

「私は共同体のために役立つことができる」という感覚。
 (貢献感)


これは、共同体感覚の定義ではなく、説明のようなものです。


 


共同体という言葉がやや難しいので・・・
「みんな」という言葉に置き換えてみましょう。

「私は、みんなの一員だ」
「みんなは、私のために役立ってくれるんだ」
「私は、みんなのために役立つことができる」

ここでいう「みんな」は・・・
家族とか、会社とか、学校とか、サークルとは、地域とか、友達とか・・・ 
いろいろ当てはめてください。

小さく考えると、家族でしょうし・・・
大きく考えると国家とか、人類全体とか、生きとし生けるものとかになりますね!




共同体の一員と思えないことは、不幸なことだ!

自分の家族について、仲間と思えない人もいます。
自分の会社について、仲間と思えない人もいます。
ま、家族や会社でなくても、
自分が日々顔を合わしている人たちを、仲間と思えない人もいます。

あ、全員に仲間と思ってもらわなければならないってことではありません。

それは、現実不可能な考え方。

そうではなくて、自分が関わっている人たちと
おおよそは仲間なんだと思えていることが大切!


表現を変えると・・・ 

孤独じゃないこと。

居場所があること。


会社、家族…その他もろもろの人たちの集まりの中で、
自分の居場所がキチンとあること!




FBで、取引先の友人がこんなことを投稿していました。

「今、ちょっとへんな事を思いついた。
 ひょっとしたら何でも一人でできることが一人前なんじゃなくて、
 助けてもらえて一人前なんかも」


そうそう!

ちょっと、補足させてもらうと・・・

これだと、「助けてもらうことが当たり前」と勘違いする人もいるかもしれない。


だから、自分も誰かを助ける(援助する)ということを前提の上でなら、
助けてもらうことも大切だと思います。

おそらく、友人は、これが前提で書いていると思います。

お互いに助け合いながら、協力しあいながら生きていくことが大切。

アドラー心理学は、こういうことを考える心理学です。





トーキングセミナーという本から・・・

野田俊作先生の『アドラー心理学 トーキングセミナー』という本には・・・

野田俊作先生の本

(引用はじめ)

(共同体感覚について)
アドラーの言いかたよりもうすこし分かりやすくしようと思って、
私はちょっと違った言いかたをしています。

やはり三つの条件をあげていますがね。

まず第一は、「私は私のことが好きだ」ということ。
『自己受容』かな。

第二は、「人びとは信頼できる」ということ。
『基本的信頼感』かな。

第三は、「私は役に立てる人間だ」ということ。
『貢献感』だろうね。

(引用おわり)



これからも、時折、アドラー心理学のこと、また書きますね〜

 ※ 今回の共同体感覚の解説は・・・
   アドラー心理学の基礎講座等での
   ややリベラル的な解説で行っています。



| アドラー心理学 |