アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< 共同体感覚と仲間 3 | main | 夏越の大祓を直前に・・・ >>
手の荒れない手洗い洗濯の方法
こんにちは、山崎です。

アドラー心理学系の話題が続いているので、
今日は、少しテーマを変えてみようと思います。

5月に『衣類の洗濯・収納・お手入れ便利帖』という本を出しました。

この本は、大切な衣類にのことを考えることがテーマなので、
洗濯機の洗いより、手洗い洗濯を強調しています。

手洗い 
だって、どう考えても、適切な手洗い洗濯こそが、
最も衣類にやさしい洗濯方法ですから・・・


が、手洗いすると、手が荒れたりしないでしょうか?

ま、手袋をして洗うと、そんな問題もないでしょうが・・・

ということで、今日は、「手の荒れない手洗い洗濯の方法」をご紹介します。


まず、下の写真を見てください。

 


このパソコンの上のビーカーにある水溶液が、「手の荒れない手洗いの洗浄液」なのです!


写真をみるだけじゃ、分からないでしょうけど・・・

すごいんですよ!!!!


たとえば、この洗浄液を、50℃ぐらいにして、
粉末の酸素系の漂白剤を入れて・・・

素手で手洗いしても、ほとんど手荒れしません。
ふつうだと、こんな状態で手洗いすると、
手がパサパサになって、ハンドクリームが欲しくなります。


そして、ハンドクリームを塗っても、しばらくはなんとなく違和感がある感じ・・・

これって、ヤじゃありません?

「そりゃ、ヤだけど・・・ その洗浄液って、どこかに売ってるの?」

「山崎さんは、自分がメーカーだから、そんなの使えるんでしょ・・・」

という声が聞こえてきそうです。


さてさて・・・

実は、この魔法の手の荒れない洗浄液は、
アスパイラル製品のユーザーになら、簡単にご自宅で作れます!




手の荒れない洗浄液の作り方

プロ・ウォッシュを規定量、水に溶かします。

そこに、1滴、ありがとうトリートメントを入れるだけ!

洗浄力も、ほとんど変わりません。
(ものすごく微妙なレベルでは分かりませんが、違いを感じないレベルです)


プロ・ウォッシュだけで、手洗いすると・・・
洗濯後、とても手がパサついてヤな感じだけど・・・

ありがとうトリートメントを、1滴いれるだけで、ぜんぜん手の感触が違います。


それから、酸素系の漂白剤を併用される方や、
洗浄力を上げるために40℃以上で洗う場合は、
ありがとうトリートメントを、2〜3滴入れてください。


手荒れが気になる方や、肌の弱い方は、
濯ぎの中にも、ありがとうトリートメントを1滴入れてください。

濯ぎの中に入れると、衣類にとってもプラスの効果があります。

あ、1滴じゃなくて、ソフターのように使ってもいいのだけど、
それは、ちょっと贅沢すぎますね・・・




他の洗剤に、ありがとうトリートメントを入れても良いか?

これは、基本的にダメでしょう。

あ、意地悪じゃないですよ。


イオン性の関係なのです。

ちょっと、ややこしいことを書きますが、お許しください。

プロ・ウォッシュは、一般的な洗剤と違いイオン性がカチオン(プラスの電気)です。

普通の洗剤は、イオン性がアニオン(マイナスの電気)。

ありがとうトリートメントは、イオン性がカチオン(プラスの電気)。

イオン性が違うモノを混ぜると、電気的にくっ付いちゃって、別のモノになるのです。

だから、同じイオン性のモノじゃないと混ぜれないのです。




プロ・ウォッシュの手洗いが快適に!

このありがとうトリートメントを、1滴入れる方法は、
プロ・ウォッシュの洗いが、とても快適になります。

僕は、手洗いした後の、手が荒れる感じが気持ち悪くて、嫌いでした。

この方法だと・・・

手洗いを、続けて何回もしても、手が荒れる感じがしません。

あ、もちろん、個人差はあるでしょうけど・・・
入れないより入れた方が、断然手荒れはまっしです。

大切な衣類は、自分で手洗いするのが一番!

その時、自分の手にもやさしい方法で行ってくださいませ。



ちなみに、麻の洗濯方法をHPにアップしましたが、
実は、この時もありがとうトリートメントを入れたやり方です。




この記事と並行して・・・

『衣類の洗濯・収納・お手入れ便利帖』を参考にしてくださると、
いろんな衣類の気づきがあるかと思います。

ぜひ、よろしくおねがいします!


  





ありがとうトリートメント


| 洗濯について |