アスパイラルロゴ渦 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
アスパイラルロゴ渦 最近の記事
アスパイラルロゴ渦 カテゴリー
アスパイラルロゴ渦 フェイスブックページ




アスパイラルロゴ渦 月別記事
アスパイラルロゴ渦 PROFILE
アスパイラルロゴ渦 LINKS

アスパイラルロゴ渦 モバイルショップ
アスパイラル・ショップQR



アスパイラルロゴ渦 ブログ内検索


アスパイラルロゴ渦 アマゾン





アスパイラルロゴ渦 Yahoo Search

Yahoo! JAPAN




アスパイラルロゴ渦 OTHERS

ありがとうスパイラル!   アスパイラルロゴ

アスパイラルBLOG
こだわり・安心・安全・高性能の石鹸/シャンプー/洗剤
アスパイラル代表・山崎の思ったこと、感じたこと
<< 大神神社付近を探索・・・ | main | よーいドン! >>
大神神社付近を探索・・・ その2
こんにちは、山崎です。
昨日の「大神神社付近を探索」の続きです。

大神神社の境内から、山の辺の道を南に行くと・・・
平等寺」が現れます。

 


かつては大神神社の神宮寺で、大伽藍を形成していたとか・・・
明治の廃仏毀釈で衰退したらしい。

一時は、廃寺になったとか・・・

平等寺の奥(東側)に、不動堂があり、
その裏に、立派な磐座を発見!

 


 
大神神社(三輪山)にも、たくさんの磐座があるし、
古代の信仰の面影を見ることが出来ます。


三輪山で、磐座といえば・・・

謡曲「三輪」」の有名なシーンを思い出します。

「思へば伊勢と三輪の神、一体分身の御事、いまさら何といわくらや」

いわくらということばを、「磐座」にかけていますが、
これは、
伊勢神宮の神と大神神社の神が、同じだということ。

けっこう、ビックリですよね!

この三輪山周辺には、
そのような言い伝えが残っているらしい・・・



平等寺から、さらに山の辺の道を南にくだっていくと・・・

昨日、投稿しました「志貴御県坐神社」があり。

 


そこを超えて少し進むと、「金屋の石仏」があります。
金屋の集落のはずれに祀られている2体の石仏。

なんと、国の重要文化財!

金屋の家並みの中にある保存収蔵庫に安置されており、
格子越しに拝観できます。

 

 
右が釈迦如来像、左に弥勒菩薩像といわれているそうです。
 
いずれも高さ約2m、幅約80cm、厚さ約20cmの石棺の蓋と見られる
泥板岩に柔らかな線で浮き彫りされています。
 
これらの像が彫られた時期については平安後期、鎌倉時代と
様々な説があるそう・・・

眺めていると、ゆったりとした気分になります。
 
もとは平等寺にあったものを、廃仏毀釈のため
村人が現在の場所に移したそう。

この辺りは、そうとう廃仏毀釈で、荒れたのでしょうね・・・
 

小道を挟んで、向かいに「喜多美術館」がありますが、
時間がなく、この美術館の中は拝見できませんでした・・・

 
| 歴史 |